Site Overlay

トヨタ自動車SWOT分析

  • 目次
  • はじめに
  • 強み
  • 弱点
  • 機会
  • 脅威
  • 結論

トヨタ自動車のSWOT分析2018

トヨタは世界的な自動車ブランド日本に本社を置く。 このブランドは、技術だけでなく、サプライチェーン管理と製造にも優れています。 その生産管理の作戦は全体の企業のベストの中でとして歓迎されました。 トヨタは、技術力とグローバルな製造-販売ネットワーク以外にもいくつかの強みを持っています。 会社はまた人的資本を非常によく管理しました。 すべてのこれらの区域のその継続的だった焦点は過去数年にわたる財政上一貫した性能で起因した。 自動車産業は非常に競争力が高まっています。 研究開発への投資は、指導的地位を維持するために不可欠以上のものとなっています。 トヨタは、AI、ロボット工学、自動運転などの分野でさらなる研究を行うために、いくつかの著名な機関と提携しています。 自動車業界の需要は、今後数年間でさらに増加すると予想されます。 しかし、成長を妨げる課題の数も多い。 このような環境では、効率的な製造を管理することとは別に、ブランドは競争やその他の課題に備えて準備ができている必要があります。 これは、長所、短所、機会と脅威beforeToyotaを強調SWOT分析です。

トヨタ自動車SWOT分析2018
出典:トヨタ自動車Twitterアカウント

ブランドエクイティ :-

ブランド-エクイティは、大規模かつグローバルなブランドにとって重要な強みです。 時間の経過とともに、トヨタは強力なブランド-エクイティを構築することができました。 車のブランドとしてトヨタの焦点は消費者の信頼の勝利に常に残っています。 自動車業界では、信頼を築き、良いブランドイメージを維持することが非常に重要です。 トヨタは、米国を含む世界の先進国で最も信頼されているブランドの一つです。 成長する経済や世界の他のコーナーでは、それは信頼できるブランドであり、革新的であると賞賛されています。 その理由は、トヨタは常に製品の品質、ドライバーの安全性と顧客サービスに焦点を当てています。 高いブランドの公平はまたより高い顧客の忠誠およびよりよい評判の印である。 これらの事はまた車のブランドのための強い財政の性能に翻訳する。

技術力:-

技術面では、トヨタは自動車市場の主要なパフォーマーの一つです。 69の製造施設があり、そのうち日本には16施設、アジアには40施設があります。 世界中に16のR&Dサイトが運営されています。 トヨタは、最高の一つとして世界中で歓迎されている効率的な生産システムを管理しています。 Tpsと呼ばれるトヨタの生産システムは、JITまたはリーン生産システムとしても知られています。 トヨタは、世代を超えて、生産面で最高の効率を達成するために、この生産システムを洗練し続けてきました。

研究とイノベーションに焦点を当てる:

研究とイノベーションは、常にトヨタの中心的な焦点であり続けてきました。 それはまたブランドのための比較優位のもとです。 ブランドは、これまでより良い、より良い車をもたらすことに焦点を当てています。 今、トヨタは電動化と自動運転に焦点を当てています。 このブランドは、電動車の範囲を拡大することに多額の投資を行っています。 また、人間中心で安全な自動運転技術の開発にも投資しています。 トヨタの2017年アニュアルレポートでは、”トヨタは、株式会社トヨタ研究所を設立しました。 世界有数のAI研究者の一人であるギル-プラット博士をCEOに迎え、関連するベンチャーキャピタルファンドを設立しました。 これらの取り組みを通じて、自動運転、AI、ロボットなどの取り組みを加速させています」(トヨタアニュアルレポート、2017)。 トヨタは、MIT、ミシガン大学、スタンフォード大学にパートナーシップを拡大し、自動運転とロボット工学のさらなる研究を行っています。 トヨタは未来のために非常に有利証明するかもしれないこの区域のあるスマートなステップを踏んだ。 毎年会社は研究開発の区域の大きい財政の投資をします。 2017年、トヨタはR&Dに10375億円を投資した。

サプライチェーン&流通ネットワーク:-

トヨタは、大規模で効率的なサプライチェーンと流通ネットワークを管理しています。 それが作る車のそれぞれは世界中にある製造者から供給されたたくさんの部品からなされる。 トヨタはサプライヤーと緊密に連携し、生産コストを管理するために、これらのサプライヤーと強力かつ長期的な関係を形成しています。 それは世界中でその製品の流通のための167の主要な海外代理店を持っています。 2017年、トヨタは全世界で890万台の販売を達成しました。 大規模でグローバルな流通チェーンを管理するには、ディーラーや流通業者と緊密に協力する必要があります。 トヨタは、グローバルな製造と流通ネットワークの助けを借りて、これを非常によく管理しています。 その流通ネットワークは、北米、中南米、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、中国、中東、オセアニアを含む8つの主要地域に分かれています。 このネットワークは、ブランドの主な販売チャネルとしても機能します。

大規模な製品ポートフォリオ:-

トヨタは、そのポートフォリオ内の車両の非常に広い範囲を持つ車両の大手生産者です。 その製品ポートフォリオは大きく多様です。 トヨタはセダン、Suv、スポーツ車、ハッチバック、ミニバン、ステーションワゴン、トラックやバスを作ります。 その海洋事業の区分は優秀なボートおよびスポーツの巡洋艦、また他の海洋車および部品を持って来ました。 トヨタはまた、プレミアム車のブランドであるレクサスを所有しています。 レクサスは、人気のプレミアム車の大規模な範囲をもたらしています。 これらから離れて、トヨタはハイブリッド車の素敵な範囲をもたらしています。

グローバルプレゼンス:

トヨタは本当にグローバルブランドです。 その製品は170カ国以上で販売されています。 グローバルプレゼンスは、売上高と収益の増加につながっているトヨタの大きな強みです。 グローバルビジネスを維持するために、トヨタは世界中のいくつかの国に製造施設を持っています。 また、世界中を走っているいくつかのR&Dサイトがあります。

弱点:

製品リコール:-

近年、トヨタはいくつかの製品リコールを行う必要がありました。 一方では、品質とドライバーの安全性に対するトヨタの懸念の兆候ですが、他方ではブランドのイメージに悪影響を及ぼす可能性があります。 2017年、トヨタはエアバッグの故障により約2.9万台のリコールを余儀なくされた。 過去には、それはいくつかのより多くのリコールをしました。

アジア市場での弱いポジション:-

アジア市場では、トヨタの競合他社と比較してのポジションが弱い。 アジア市場は自動車ブランドにとって最もホットな市場です。 トヨタは、インドと中国での地位を強化することに焦点を当てる必要があります。<6437><5652>RoEとRoAの下落:<1495><5164>トヨタのRoEとRoaは2016年と比較して2017年に下落した。 2012年と2013年以降、そのRoEとRoAは一貫して成長していました。 しかし、2017年にはトヨタのRoEとRoAが再び下落しました。 これは、リソースの割り当てがやや貧弱であることを示しています。 2012年と2013年には、ブランドのRoEとRoAはかなり低くなっていました。 それと比較して、現在のRoEとRoAはまだ良く見えます。

機会:

AI&デジタル技術:–

AIとデジタル技術は、マーケティングとサプライチェーン管理の面で車両ブランドにいくつかの新しい機会をもたらしました。 トヨタは、そのサプライヤーや顧客を係合するためにそれらを使用することができます。 それは優秀な顧客の経験を作成するためにAIおよびデジタル技術を使用できます。 それとは別に、トヨタは、顧客エンゲージメントのために、より高い保持率を駆動するために、これらの技術を使用することができます。 AIとデジタル技術は、人事管理にも大きな応用があります。

自律車両技術:–

自律車両技術は、車両ブランドのためのホットエリアです。 世界中のブランドは、道路上の自動運転車をもたらすために最初にする積極的なレースにあります。 この分野への投資は、トヨタのための素晴らしい結果をもたらすことができます。 それはトヨタがそれに優先順位をした理由です。 しかし、競合他社のいくつかも積極的にこの夢を追いかけています。

アジア市場:-

アジア市場は現在、自動車ブランドにとって最もホットな市場です。 中国は世界の主要な自動車市場に成長しているが、インドも急速に成長しており、成長の優れた機会を提供しています。 トヨタは、これらの市場の両方でその地位を強くしようとする必要があります。 どちらも非常に魅力的な市場であり、現在はトヨタの競合他社によって支配されています。 これらの市場でのマーケティングと顧客エンゲージメントへの投資は、優れた結果をもたらすでしょう。

優秀な技術を持っていることから離れて、ブランドは財政的に強い位置にまたある。 それは新しい区域に投資し、製品とサービスのより多様化させた有価証券を造ることができます。 多様化は、ブランドの販売と収益の新しいチャネルを開くことができます。 それはより大きい客層を得、より速く拡大するのを助けることができる。

脅威:

規制上の脅威:-

法律と規制は自動車業界に大きな課題をもたらしました。 法律や規制当局からの圧力が高まっています。 法律と政府当局は、大企業の監督と管理の面で非常に積極的に成長してきました。 規制圧力の上昇は、コンプライアンスと運用コストの向上につながっています。 最近、VWはアメリカの市場の放出基準を脱出することを試みることのための十億を支払わなければならなかった。 法的圧力は事をビジネスのために非常に困難にさせることができます。 一方では、ブランドはコンプライアンスに関して余分に慎重でなければならず、他方の法律では、拡大と成長を可能にするという点であまりにも制限的である可能性があります。 米国市場でさえ、企業は成長と収益性を妨げる時代遅れの規制モデルを訴え始めています。

競争圧力:-

自動車業界での競争はかなり激しくなっています。 市場に複数のブランドがあり、すべては製品革新、市場占有率および成長について積極的です。 これは激しい戦いにつながっています。 競争圧力はマーケティングおよび人的資源管理のより高い支出と同様、より高い運用コストをもたらす。

原材料と労働コストの増加 :-

労働と原材料のコストは増加し続けています。 これは、車両業界で高い運用コストにつながっています。 また、自動車ブランドの収益性にも影響します。

結論

トヨタは、大規模な製造-流通ネットワークを含むいくつかの優れた強みを管理しています。 それとは別に、それはまた、効率的にそのサプライチェーンを管理しています。 それはブランドがアジア市場に焦点を合わせなければならないより速い成長を追求しています。 研究と技術革新は、21世紀の自動車ブランドの成長に不可欠となっています。 トヨタはこの分野に多額の投資をしています。 これは、業界全体で最も効率的な生産プロセスの一つを持っています。 トヨタの生産システムは、その廃棄物の削減のために知られています。 モビリティの未来にその目を設定して、トヨタは自動車産業が受けている移行のための準備ができて以上のようです。 しかし、今後の道は課題に満ちており、顧客とサプライヤーのエンゲージメントにデジタル技術とAIを使用することは別として、自動車産業の成長をリードしているアジア市場にも目を離さなければなりません。 競争と原材料と労働の価格上昇は、タスクをすべてより挑戦的にすることができますが、トヨタはそれのために物事を容易にすることができます優 それはまた株主のリターンを育てるために注意深い資源の割振りに焦点を合わせるべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。