Site Overlay

日本:秘密の帝国の回顧録。 タイムライン-1500s|PBS

1500-1599
1543—徳川家康の誕生
小大名の息子、徳川家康は、織田信長や豊臣秀吉などの強力な指導者との戦略的提携を確立した後、徐々に目立つようになりました。 1600年、関ヶ原の戦いの後、日本で最も強力な武将として登場しました。 将軍の称号を授与され、江戸(現在の東京)に政権を樹立し、260年以上にわたって日本を支配した幕府を創設しました。
1543-ポルトガル人が日本に到着
嵐の中でコースを吹き飛ばし、ポルトガルの商人は日本の南岸沖の唐人島の近くで難破しました。 ポルトガルの銃器に興味をそそられ、地元の大名武将はヨーロッパの船員から二つの銃を購入し、コピーを作成するために彼の剣士を委託しました。 その後、大名はポルトガル人に射撃のレッスンを依頼した。
1549-イエズス会の宣教師が日本に定住
より多くの銃器を熱望し、日本の武将はポルトガルとの貿易を歓迎しました。 貿易とともに、ポルトガル人はキリスト教の宣教師をもたらし、1549年にはフランシス・ザビエルが鹿児島に日本初の伝道所を設立しました。 イエズス会の宣教師ルイス-フロイスは後に到着し、1549年から1593年をカバーした”日本史”を書いた。 この本は、当時の現代日本に関する知られている情報のほとんどを提供しました。
1561—家康は織田信長と同盟する
家康は大胆不敵な武将織田信長と力を合わせ、領土の拡大を開始しました。 家康の長男と信長の娘の間には同盟を強化するための結婚が行われた。 しかし、1579年に家康の息子が信長に対抗しようとしていることが発見された。 家康は信長への忠誠を証明するために、最愛の息子を自殺させた。
1568年-織田信長が日本の統一を試みた
織田信長は日本の統一を試みた最初の人物である。 彼の冷酷な権力の使用で知られている、彼のビジョンは、”単一の剣の下に”日本のすべてをもたらすことでした。 信長の天下統一に向けた最も重要な一歩は、富士山の仏教僧院の破壊であった。 日本の政治-軍事の過程で重要な役割を果たした比叡。 信長は彼らを将来の日本の安定への脅威と見た。 富士山を破壊した後。 比叡山僧院では、無実や年齢にかかわらず、逃げ出した比叡の僧侶を追い詰めて虐殺した。
1575年—長篠の戦い
織田信長は西洋の革新、特に銃器を受け入れることが速かった。 長篠の戦いでは、日本の戦争を永遠に変えた銃を用いた新しい攻守戦術を制定した。 偉大な軍事戦略家、彼は新しい銃器に抵抗する巨大な石の砦を建て、彼は鉄クラッディングで彼の軍艦を強化しました。 また、専門的な士族を設置し、家柄ではなく能力に基づいて家臣を任命した。
1577年-ジョアン-ロドリゲスが日本に到着
1561年にポルトガルで生まれたジョアン-ロドリゲスは、ポルトガル船に乗った小屋の少年で、15歳で日本に到着した。 1577年にイエズス会の宣教師となった。 言語の耳を持っていたRodgriguesはすぐに日本語を流暢に話すことができ、”the interpreter”というニックネームを得ました。”豊臣秀吉と徳川家康の両方のためにその役割を果たしました。 日本に33年間住んでいた彼は、時代の重要な歴史的年代記の一つと考えられている本、Historia da Igreja do Japao(”日本のこの土地”)を書いた。 彼はまた、他の宣教師が困難な日本語を習得するのを助けた日本語の文法に関する本を書いた。
1582年—信長暗殺
織田信長は、暗殺されたのか自殺したのかは不明であるが、最終的には内心から不満を抱いていた将軍に攻撃された。 イエズス会の宣教師ジョアン・ロドリゲスは次のように書いています。「彼は腹を切ったと言う人もいれば、宮殿に火をつけて炎の中で死んだと信じる人もいます。”信長の信頼できる側近の一人である豊臣秀吉は、すぐに殺人の疑いを復讐し、裏切り者の頭を信長の墓に提示しました。 秀吉はすぐに日本の次の支配軍の指導者として浮上しました。
1584-豊臣秀吉が総司令官になる
信長の暗殺に対する秀吉の反応は、彼に特別な重要な場所を与え、彼はすぐに日本の支配者の役割を引き受けました。 彼と徳川は不安な同盟国となった。 1570年以前の秀吉の生涯についてはほとんど知られていない。 短くて薄く比例して、彼は奇妙な姿を切りました。 しかし、狡猾さと操作を使用して、彼はランクを介して上昇しました。 彼の素朴で派手な美しさで有名な秀吉は、彼の大阪城に金の茶室を建てました。
1587—日本の農民が武装解除
1593年の”剣狩り”では、豊臣秀吉は農民階級が剣、銃、ナイフなどの武器を所持することを禁じました。 彼は反乱を防ぎ、二本の剣を運ぶことを許された武士だけで日本の階級を区別することを望んだ。
1587年—キリスト教迫害が始まる
ヨーロッパの商人との貿易を大切にしていたため、秀吉は当初キリスト教の宣教師を歓迎した。 1587年までに、彼はキリスト教の影響力の高まりが日本の支配を脅かすことを心配していた。 そのため、キリスト教を非合法化し、宣教師を追放する勅令を出した。 しかし、この勅令は無効であり、フランシスコ会は引き続き入国した。 イエズス会は西日本で活動を続けた。
1590—家康は江戸に本陣を移動
いくつかの小競り合いの後、秀吉と家康は不安な同盟を形成しました。 秀吉は家康に関東平野にある八国を与え、日本の政治の中心から離れた沼地の城下町である江戸に本陣を移すよう命じた。 家康はこの取り決めに同意することを余儀なくされ、二人の将軍は一緒に排尿して合意を封印した。
1597年—秀吉が26人のキリシタンを処刑
1597年、秀吉は日本におけるキリシタンの迫害を激化させた。 警告として、彼は京都で24人のキリスト教徒を逮捕し、その中には19人の日本人と二人の若い男の子がいました。 囚人の左耳は切り落とされ、見物人が嘲笑して拷問しながら、京都の通りや周辺の田園地帯を練り歩いた。 長崎に到着した24人の囚人と、彼らを守るために来たイエズス会の二人は、十字架に鎖でつながれ、十字架につけられました。 槍で刺され、80日間絞首刑にされた後、捕らえられたキリスト教徒の誰も彼らの信仰を撤回したり非難したりしませんでした。 2年後の彼らの死を知った教皇ピウス9世は、彼らを殉教者と宣言した。 秀吉は日本各地のキリシタンに影響を与えた。; 新しい改宗者が募集され、長崎はキリスト教の活動の中心となった。
1598年—秀吉が死去
死の床で、秀吉は家康に、秀吉の最愛の息子、秀頼が成人するまで、日本を支配するために指定された五摂政の一人として仕えるように頼んだ。 一年後、家康は秀頼の本拠地である大坂城に移り、仲間の摂関と敵対した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。