Site Overlay

Potentized塩化水銀とNux vomicaは、急性エタノール中毒下で淡水ナマズClarius batrachusの赤血球における透水性を促進する

目的:ホメオパシー効力の主要な生体分子標的は不明である。 それが水チャネル蛋白質のような原形質膜蛋白質なら、薬剤は細胞の水浸透を変えます。 従って、目的は塩化第二水銀30cおよびNux vomica30cのようなpotentized homeopathic薬剤が激しいエタノールの中毒の下で淡水の魚の赤血球を通して水の浸透を変えることがで

場所:インド西ベンガル州SantiniketanのVisva Bharati大学の動物学研究室で作業が行われました。

被験者:生きた淡水ナマズ。

デザイン: エタノール中毒の有無にかかわらず魚から採取した赤血球を、エタノール30c(対照)、Merc cor30c(試験1)、およびNux vomica30c(試験2)とともに30℃の蒸留水中で30分間インキュベートした。 Merc cor30cおよびNux vom30cは、それぞれの母チンキを90%エタノール(1:100)で連続希釈し、続いて20kHzで30秒間30ステップで超音波処理することによって調製した。 エタノール30cは、90%エタノールで希釈した90%エタノールから同じ方法で調製した。 別の実験では、魚をエタノール30cおよびNux vom30cで前処理し、続いて2g/kg体重でエタノール注入した。 その後、それらの赤血球を同じ効力でin vitroで試験した。 血液サンプルの遠心分離後、流体部分を除去し、赤血球ペレットを、生化学的酸素要求量(BOD;Atlas Surgical、New Delhy、India)インキュベーター中で9 0℃で1 2時間乾燥させ、細胞内水分

結果:エタノールを注入した魚からの赤血球(Rbc)は、通常の魚からのものよりも多くの水を透過した。 水の透過はMerc cor30cとNux vom30cで強化されました。Nux vom30cで前処理した魚の赤血球は、エタノール30cで前処理した魚の赤血球よりもin vitro処理でより多くの水を吸収しました。

結論:水チャネルタンパク質またはアクアポリンは、赤血球の原形質膜を通る水の輸送に主に関与しているため、増強された薬物はこれらのタンパク質と相互作用し、細胞内の水の流入を促進すると考えられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。